テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「楠木正成(くすのきまさしげ) 」

楠木正成(くすのきまさしげ)プロフィール

■ 鎌倉時代に活躍した、河内(かわち)の豪族。

※ 河内 : 現在の大阪

■ 鎌倉幕府からは悪党(あくとう)とよばれ、河内近辺で物流を取り仕切っていた。

■ 「建武の新政」足利尊氏(あしかがたかうじ)新田義貞(にったよしさだ)と活躍する。

■ 不満を持つ武士が増えて建武の新政が行き詰まり、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)と武士達の不満を理解している足利尊氏が対立する。

■ 楠木正成は後醍醐天皇側につき、足利軍と戦うことを決意する。

■ 九州から攻めてきた足利軍と湊川(みなとがわ)で戦い、敗れる。最後は「七生報国(七回生まれ変わっても、また天皇のために戦おう)!」と言い戦死した。

※ 湊川 : 現在の兵庫県神戸市

■ 最後まで天皇のために忠義を尽くして死んでいった武将であり、大楠公(だいなんこう)と称された。

楠木正成のまとめ
・建武の新政において活躍した武将
・後醍醐天皇に忠義を尽くし、「大楠公」と称された

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]