テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「 一遍(いっぺん) 」

一遍(いっぺん)プロフィール

■ 鎌倉時代の僧。遊行上人(ゆぎょうしょうにん)、捨聖(すてひじり)とも呼ばれる。

■ 伊予国(いよこく)に生まれる。

※ 伊予国 : 現在の愛媛県

■ 法然(ほうねん)の孫弟子である聖達(しょうたつ)のもとで浄土宗を学ぶ。

■ 各地を行脚するうちに、「踊り念仏(おどりねんぶつ)」を始めた。

※ 踊り念仏 : どんな人間でもありのままで救われるという喜びを踊りに表現したもので、民衆の間に爆発的に広まった。盆踊りはこの踊り念仏がもとだといわれている。

■ 一遍は時宗(じしゅう)を開き、踊り念仏をとなえながら、諸国をめぐり歩いた。

一遍のまとめ
・踊り念仏をとなえた
・「時宗」を開いた

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]