テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「 源義経(みなもとのよしつね ) 」

源義経(みなもとのよしつね)プロフィール

■ 平安時代の武将。源義朝の息子で、源頼朝の異母弟。

■ 幼少時には、「牛若丸(うしわかまる)」と呼ばれた。

■ 「平治の乱」の後に捕虜となったが命を助けられ、京都の鞍馬寺にあずけらた。

■ 陸奥の国で、藤原秀衡にかくまわれて成長した。

■ 「壇ノ浦の戦い」で平氏(へいし)を滅ぼし、最大の功労者となった。

■ 頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によって怒りを買い、やがて対立するようになった。

■ 平泉に逃れたが、藤原泰衡(ふじわらのやすひら)に攻められて自殺した。

■ 武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)と京都の五条大橋で出会ったと伝えられている。

源義経のまとめ
・「壇ノ浦の戦い」で活躍した、源頼朝の異母弟。
・源頼朝と対立するようになり、自害に追い込まれた。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]