テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「 太安万侶(おおのやすまろ ) 」

太安万侶(おおのやすまろ)プロフィール

■ 奈良時代の文官

■ 元明天皇(げんめいてんのう)の命令により、712年に古事記(こじき)を作り上げた。稗田阿礼(ひえだのあれ)が暗記していた皇室の記録を、太安万侶が記録して完成した。

※ 古事記 : 日本最古の歴史書で、上・中・下の3巻からなる。江戸時代に本居宣長が解読して、「古事記伝」を書いた。

■ 舎人親王(とねりしんのう)と共に、日本書紀(にほんしょき)の編集も行った。

※ 日本書紀 : 奈良時代にできた、日本で最初の正史

太安万侶のまとめ
・古事記を完成させた
・舎人親王と共に日本書紀を編集した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]