テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「鑑真(がんじん) 」

鑑真(がんじん)プロフィール

■ 唐(とう)の揚州(ようしゅう)で生まれた。

■ 14歳で出家して、天台宗(てんだいしゅう)や律宗(りっしゅう)を学んだ。

  ※天台宗(てんだいしゅう)・・・大乗仏教(だいじょうぶっきょう)の宗派 のひとつ。
  ※律宗(りっしゅう)・・・戒律の研究と実践を行う仏教の宗派のひとつ。

■ 日本の留学僧の要請で、中国の唐(とう)から日本への渡航を決心する。

■ 渡航はなかなか成功せず、途中で気候や激しい疲労などにより失明してしまう。遣唐使である阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)らと共に渡航を試みたこともあった。

■ 753年、6度めで渡航に成功。来日してからは律宗を広めた。

鑑真のまとめ
・中国の唐で生まれた僧。
・命がけで日本に渡航を試み、6度目で成功。律宗を広めた。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]