テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「尾崎行雄(おざきゆきお) 」

尾崎行雄(おざきゆきお)プロフィール

■ 神奈川県に生まれる。明治〜昭和時代の政治家。

■ 慶応義塾に通うが、代表の福沢諭吉に反抗して途中退学した。

■ 大隈重信(おおくましげのぶ)と共に立憲改進党の創立を手がけた。

■ 1912年に第一次護憲運動において、桂太郎(かつらたろう)内閣と対決し、政権交代に大きく貢献した。 

■ 1922年、犬養毅(いぬかいつよし)と共に革新倶楽部(かくしんくらぶ)を結成する。

■ 「成人した国民すべてが選挙権をもつべきだ」という普通選挙を要求する運動に参加した。

■ 功績をたたえられて「憲政の神様」、「議会政治の父」と呼ばれた。

尾崎行雄のまとめ
・第一次護憲運動で、桂太郎内閣と対決
・犬養毅と共に「革新倶楽部」を結成した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]