テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「中臣鎌足(なかとみのかまたり) 」

中臣鎌足(なかとみのかまたり)プロフィール

■ 飛鳥時代(あすかじだい)の政治家。

■ 645年、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と協力し蘇我入鹿を倒す。

※ 蘇我入鹿(そがのいるか)・・・当時、権力を支配していた豪族(ごうぞく)

■ 同年、大化の改新(たいかのかいしん)を実現する。

■ その後も、中大兄皇子の側近となって、律令政治の基礎を築いた。

※ 律令政治(りつりょうせいじ)・・・土地と人民は、天皇に支配されるべきだと考える政治

■ 死の直前に、大織冠(たいしょくかん)という最高の位を与えられた。

■ そして藤原という姓を与えられた。後の平安時代(へいあんじだい)に勢力をふるう、藤原一族の祖先となる。

中臣鎌足のまとめ
・蘇我氏を倒し、「大化の改新」を行った。
・死の直前に、藤原鎌足の名を与えられた。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]