テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「松平定信(まつだいらさだのぶ)」

松平定信(まつだいらさだのぶ)プロフィール

■ 江戸時代の政治家。8代目将軍、徳川吉宗(とくがわよしむね)の孫である。

■ 江戸幕府で、「老中(ろうじゅう)」の役職に就く。

※ 老中 : 政治を取り仕切る、重役。大老(たいろう)の次に権限をもった役職である

■ 1787年から、「寛政の改革(かんせいのかいかく)」という政治改革を行った。
田沼意次(たぬまおきつぐ)の行った政治を批判し、祖父である徳川吉宗(とくがわよしむね)の「享保の改革(きょうほうのかいかく)」を見本にしようとした。

■ 寛政の改革は、時代の流れにそぐわず、成果があげられないまま終わりを告げた

松平定信のまとめ
・徳川吉宗の孫で、「老中」の役職に就いた
・「寛政の改革」を行うも、あまり成果がなかった

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]