テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「中大兄皇子(なかのおおえのおうじ) 」

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)プロフィール

■ 中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)を目指し、中臣鎌足(なかとみのかまたり)を味方にした。

※中央集権国家・・・・天皇を絶対的な支配者とした、国のこと。

■ 645年、当時の独裁者である蘇我入鹿(そがのいるか)を暗殺した。

■ 大きな政治の改革、「大化の改新(たいかのかいしん)」を実施した。

■ 663年、「白村江(はくすきのえ)の戦い」で朝鮮半島に大軍を送り、敗戦した。

■ 中大兄皇子が滋賀県で「天智天皇(てんじてんのう)」として即位した。

中大兄皇子のまとめ
・蘇我氏を倒し、645年に「大化の改新」を行った。
・後に、天智天皇となった。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]