テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「足利義政(あしかがよしまさ) 」

足利義政(あしかがよしまさ)プロフィール

■ 室町幕府(むろまちばくふ)の第8代将軍。

■ 京都の東山(ひがしやま)に銀閣寺(ぎんかくじ)を建てた。

■ 能楽(のうがく)・茶の湯などの東山文化を栄えさせた。

※ 能楽 : 猿楽と田楽から発達した演劇(観阿弥世阿弥が芸術性を高めた)
※ 茶の湯 : 茶道のこと

■ 一揆(いっき)が政治に影響して、徳政令(とくせいれい)を13回も出した

※ 一揆 : 農民が力を合わせて、幕府や朝廷に立ち向かった暴動
※ 徳政令 : 借金を帳消しにする法令

■ そして将軍の後継者争いが発展して、1467年「応仁の乱(おうにんのらん)」が起きて、室町幕府の勢いは衰えていった。

足利義政のまとめ
・銀閣寺を建て、東山文化が栄えた
・一揆のために徳政令を13回も出した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]