テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「北条時宗(ほうじょうときむね) 」

北条時宗(ほうじょうときむね)プロフィール

■ 鎌倉幕府の第8代目の執権(しっけん)

※ 執権 : 将軍の補佐役

■ 当時の中国である元(げん)のフビライ=ハンが日本を支配しようとして、使いを日本に送ってきた。しかし、北条時宗はこれを拒否した。

※ フビライ=ハン : モンゴル帝国の第5代目の皇帝

■ そしてフビライ=ハンは、1274年に日本攻めてきた。このときは暴風雨により、元の軍は撤退していった。この戦いを「文永の役(ぶんえいのえき)」と呼ぶ。北条時宗の勝利。

■ 再び1281年に大軍を送ってフビライ=ハンが日本を攻めてきたが、このときも台風に遭遇し、元の軍は撤退していった。この戦いを「弘安の役(こうあんのえき)」と呼ぶ。 北条時宗が勝利した。

■ この2回にわたる元の襲撃を、元寇(げんこう)という。

北条時宗のまとめ
・文永の役で、元の軍に勝利した。
・弘安の役でも、再び元の軍に勝利した。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]