テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「北条義時(ほうじょうよしとき) 」

北条義時(ほうじょうよしとき)プロフィール

■ 北条時政(ほうじょうときまさ)の息子。

■ 父の跡を継いで、鎌倉幕府の執権(しっけん)となった。

※ 執権 : 将軍を補佐する役職

■ 北条義時が執権であるときに、将軍である源実朝(みなもとのさねとも)が暗殺される事件が起きる。

※ 源実朝 : 源頼朝(みなもとのよりとも)の次男で、3代目の将軍。

■ 1221年後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が起こした「承久の乱(じょうきゅうのらん)」で、北条政子(ほうじょうまさこ)の助けもあって朝廷軍を打ち破った。

■ その後、京都に六波羅探題(ろくはらたんだい)を設置して、朝廷を監視した。

※ 朝廷 : 天皇が政治を行っていたところ
※ 六波羅探題 :京都の六波羅に置いた、朝廷を監視する役職。裁判や軍事も行った。 

北条義時のまとめ
・1221年、後鳥羽上皇の起こした「承久の乱」に勝利した
・勝利後、京都に六波羅探題を設置した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]