テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「小林一茶(こばやしいっさ)」

小林一茶(こばやしいっさ)プロフィール

■ 江戸時代の俳諧師。信濃国(しなののくに)に生まれる。

※ 信濃国 : 現在の長野県

■ 継母との関係が悪く、江戸へ奉公に出る。その後、俳諧を学んだ。

■ 29歳で再び信濃に戻ったが、俳諧の修行のために全国各地へ赴いた。

■ 父の死後、遺産相続がもとで継母と十数年争うこととなった。

■ このような不幸の中、屈折した感情に基づく独自の作風を示した。代表作は「おらが春」

小林一茶のまとめ
・江戸時代の俳諧師
・代表作は「おらが春」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]