テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「高浜虚子(たかはまきょし)」

高浜虚子(たかはまきょし)プロフィール

■ 明治〜昭和時代の俳人。愛媛県に生まれる。

■ 正岡子規(まさおかしき)に俳句を教わる。

■ 子規の後を継ぎ、俳句雑誌「ホトトギス」に参加した。

■ 高浜虚子は俳句において、「花鳥諷詠(かちょうふうえい)」「客観写生(きゃっかんしゃせい)」という理念を提唱した。

※ 花鳥諷詠 : 「四季による自然の現象を、叙景的に詠む」というもの
※ 客観写生 : 事物を客観的に描写するのがいいという考え方

高浜虚子のまとめ
・明治〜昭和の俳人
・「花鳥諷詠」「客観写生」の理念を提唱した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]