テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「川端康成(かわばたやすなり)」

川端康成(かわばたやすなり)プロフィール

■ 大正〜昭和時代の小説家。大阪に生まれる。

■ 東京帝国大学(現在の東京大学)の文学部に進学。

■ 1924年、雑誌の「文芸時代」を創刊し、「新感覚派」として活躍する。

※ 新感覚派 : 感覚的な美や心理を追求した文学。小林多喜二(こばやしたきじ)らのプロレタリア文学に反抗した。

■ 代表作は「雪国」「伊豆の踊り子」など。

■ 1968年に、ノーベル文学賞を受賞した。

川端康成のまとめ
・新感覚派として活躍。代表作は「雪国」「伊豆の踊り子」
・ノーベル文学賞を受賞した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]