テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「志賀直哉(しがなおや)」

志賀直哉(しがなおや)プロフィール

■ 明治〜昭和時代の小説家。宮城県に生まれる。

■ 東京帝国大学(現在の東京大学)に進学。

■ 7年間、内村鑑三(うちむらかんぞう)に師事していた。

■ 武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)と、雑誌「白樺(しらかば)」を創刊。

■ 「暗夜行路(あんやこうろ)」「小僧の神様」「和解」を執筆し、小説の神様と呼ばれた。

■ 弟子には小林多喜二(こばやしたきじ)がいた。

志賀直哉のまとめ
・白樺派を代表する小説家。「小説の神様」と呼ばれた
・代表作は「暗夜行路」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]