テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「平清盛(たいらのきよもり) 」

平清盛(たいらのきよもり)プロフィール

■ 平安時代の末期に、平氏(へいし)一族の勢力を高めた武将。

■ 保元の乱(ほうげんのらん)で手柄をたてて出世。

■ 平治の乱(へいじのらん)源義朝(みなもとのよしとも)に勝ち、1167年に太政大臣となった。

■ 後白河上皇(ごしらかわじょうこう)と対立すると院政(いんせい)をやめさせた。

※ 後白河上皇 : 鳥羽天皇(とばてんのう)の息子。

■ 源氏が挙兵するさなかに、病死した。

■ 大輪田泊(おおわだのとまり)神戸に築き、日宋貿易に取り組んだ。

※ 日宋貿易 : 日本と、当時の中国である宋(そう)との貿易。

平清盛のまとめ
・保元の乱・平治の乱で手柄を立てて、太政大臣になった
・神戸に大輪田泊を築き、日宋貿易に取り組んだ

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]