テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)」

芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)プロフィール

■ 大正時代の小説家。東京に生まれる。

■ 東京帝国大学(現在の東京大学)に進学。

■ 雑誌の「新思潮(しんしちょう)」を刊行し、小説の「羅生門(らしょうもん)」を発表。

■ 夏目漱石(なつめそうせき)に弟子入りし、小説の「鼻」を発表。漱石に絶賛された。

■ 古典を題材に、「芋粥(いもがゆ)」「地獄変(じごくへん)」などの作品も手がけた。

■ 1927年に、致死量の睡眠薬を飲んで自殺。

■ 龍之介の死後、大正時代を代表する彼の業績を記念して、「芥川賞」を創設した。

芥川龍之介のまとめ
・大正時代の小説家
・代表作は「羅生門」「鼻」「芋粥」「地獄変」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]