テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「夏目漱石(なつめそうせき)」

夏目漱石(なつめそうせき)プロフィール

■ 明治〜大正時代の小説家。東京に生まれる。

■ 帝国大学に在学中、正岡子規(まさおかしき)と出会い、俳句を学んだ。

※ 帝国大学 : 現在の東京大学

■ 大学講師をするかたわら、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「草枕」を執筆。

■ その後新聞社に携わり、「三四郎」「こころ」を書いた。

■ 1916年に大内出血を引き起こし、50歳で亡くなった。

■ 森鴎外(もりおうがい)とならぶ、明治・大正時代の文豪であった。

夏目漱石のまとめ
・代表作は「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「こころ」
・森鴎外とならぶ、明治・大正時代の文豪

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]