テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「平塚らいてう(ひらつからいちょう)」

平塚らいてう(ひらつからいちょう)プロフィール

■ 明治〜昭和時代の思想家。東京に生まれる。

■ 1908年に塩原事件という心中未遂事件を起こした。

■ 塩原事件をきっかけに、男女差別問題や女性の解放に取り組むようになった。

■ 日本初の、女性のための文芸誌「青鞜(せいとう)」を創刊した。与謝野晶子(よさのあきこ)の詩も掲載されていた。

■ 1919年、女性の政治的・社会的自由を確立させるための運動団体として新婦人協会を結成した。

■ 1970年、胆道癌のために85歳で亡くなった。

平塚らいてう のまとめ
・女性のための文芸誌、「青鞜」を創刊
・新婦人協会を結成。女性の地位確立に取り組んだ

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]