テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「曲亭馬琴(きょくていばきん)」

曲亭馬琴(きょくていばきん)プロフィール

■ 江戸時代の小説家。江戸に生まれる。別名、滝沢馬琴

■ 24歳で山東京伝(さんとうきょうでん)に弟子入りして、戯作者(げさくしゃ)となった。

※ 戯作者 : 戯作(通俗小説のこと)を仕事にする人

■ 28年を費やして小説の「南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」を完成。

※ 樋口一葉は7歳で、この南総里見八犬伝を読破したと伝えられている

■ 老齢と長年の多忙な執筆活動のために、目が見えなくなり、口述筆記で完成させた。

■ 1848年、82歳で死去。

■ 葛飾北斎(かつしかほくさい)とコンビを組んだり、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)とも交流があった。

曲亭馬琴のまとめ
・「南総里見八犬伝」を28年かけて完成させた
・完成間近のころには、失明して口述筆記をしていた

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]