テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「東郷平八郎(とうごうへいはちろう)」

東郷平八郎(とうごうへいはちろう) プロフィール

■ 明治時代に活躍した軍人。薩摩藩(さつまはん)に生まれる。

※ 薩摩藩 : 現在の鹿児島県

■ 1863年に起きた薩英戦争(さつえいせんそう)に参加し、戊辰戦争(ぼしんせんそう)でも戦った。

■ 大政奉還(たいせいほうかん)の後、西郷隆盛(さいごうたかもり)に頼んでイギリスへ留学し、国際法を学んだ。

■ 日清戦争(にっしんせんそう)では「浪速(なにわ)」の艦長を務め、海戦で活躍した。

■ 日露戦争(にちろせんそう)では連合艦隊司令長官として海軍の指揮をとり、ロシアのバルチック艦隊を破った

※ バルチック艦隊 : その当時、屈指の戦力を誇っていたロシアの艦隊

■ この勝利は日本だけでなく、ロシアに苦しめられていたトルコでも喜ばれ、東郷はトルコでも国民的英雄となった。「トーゴー通り」と名付けられた通りもあるほどだった。

■ 世界から注目され、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 東郷提督)として名が広まった。

■ 1934年、86歳で亡くなった。

東郷平八郎のまとめ
・世界に認められた日本の誇る海軍軍人
・日露戦争で、バルチック艦隊を撃破した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]