テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「ウィリアム・スミス・クラーク」

クラーク プロフィール

■ 大学教授。アメリカのマサチューセッツ州に生まれる。

■ ドイツに留学後、アマースト大学教授となった。

■ マサチューセッツ農科大学の学長に就任する。

■ 日本政府の要請を受けて1876年に札幌農学校の教頭に赴任。学校を創設した。

※ 札幌農学校 : 現在の北海道大学

■ クラークが札幌農学校に赴任していた期間は8ヶ月であり、クラークの講義を直接受けたのは第1期生のみであった。二期生には内村鑑三(うちむらかんぞう)新渡戸稲造(にとべいなぞう)がいた。

■ 「Boys be ambitious.」(少年よ、大志をいだけ)という言葉を残し、帰国した。

クラークのまとめ
・札幌農学校(北海道大学)の創設者
・「少年よ、大志をいだけ」という言葉を残して帰国

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]