テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「葛飾北斎(かつしかほくさい)」

葛飾北斎(かつしかほくさい) プロフィール

■ 江戸時代の浮世絵師。武蔵野国(むさしのくに)に生まれる。

※ 武蔵野国 : 現在の東京 

■ 浮世絵師・勝川春章(かつかわしゅんしょう)の門下となって、狩野派や唐絵、西洋画など様々な画法を学んだ。

※ 狩野派 : 日本絵画史上、最大の画派。狩野永徳(かのうえいとくもこの一派。

■ 富士山を描いた風景画の「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」やスケッチ画集の「北斎漫画(ほくさいまんが)」をはじめ、数々の作品を手がけた

■ 浮世絵以外にも挿絵画家としても活躍しており、曲亭馬琴(きょくていばきん)とコンビを組んだ時期もあった。北斎は馬琴の家に居候していたことがある。

■ 元禄文化を代表する浮世絵師、菱川師宣に対して葛飾北斎は歌川広重とともに化政文化(かせいぶんか)の代表的な浮世絵師となった。

葛飾北斎のまとめ
・江戸時代の浮世絵師
・代表作は「富嶽三十六景」「北斎漫画」など

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]