テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「高野長英(たかのちょうえい)」

高野長英(たかのちょうえい)プロフィール

■ 江戸時代の医者・蘭学者。陸奥国 (むつのくに)に生まれる。

※ 陸奥国  : 現在の岩手県

■ 養父である高野玄斎が杉田玄白(すぎたげんぱく)に医術を学んだことから、長英も幼いころから蘭学や医学に関心を持つようになった。

※ 蘭学 : オランダ語で、西洋の研究を行う学問

■ 長崎に留学して、シーボルト鳴滝塾(なるたきじゅく)で蘭学・医学を学んだ。

■ 江戸幕府が1825年に出した「外国船打払令(がいこくせんうちはらいれい)」を批判ししたために1839年「蛮社の獄(ばんしゃのごく)」で収監されてしまう。

■ 牢屋が火事になったときに脱獄して江戸で医者をしていたが、町奉行所に見つかった。何人もの捕方に殴打され、護送する最中に絶命した。

■ 勝海舟(かつかいしゅう)とも交流があり、外国からの侵略、日本の運命などについて意見を交わしていた。

高野長英のまとめ
・シーボルトに蘭学や医学を学んだ
・「外国船打払令」を批判し、捕らえられた

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]