テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「菱川師宣(ひしかわもろのぶ)」

菱川師宣(ひしかわもろのぶ)プロフィール

■ 江戸時代の絵師。安房国 (あわのくに)に生まれる。

※ 安房国  : 現在の千葉県

■ 江戸に出て狩野派、土佐派 といった幕府や朝廷の御用絵師たちの技法を学んだ。

※ 狩野派 : 日本絵画史上、最大の画派。狩野永徳(かのうえいとく)もこの一派。
※ 土佐派 : 大和絵(やまとえ)の伝統を継承した画派

■ 「浮世絵(うきよえ)」を独立した絵画作品にまで高めるという重要な役割を果たし、 「浮世絵の祖」と称される。

※ 浮世絵 : 江戸の地を中心に発達した、庶民的な絵画。江戸絵ともいう。

■ 菱川師宣の代表作
「見返り美人図(みかえりびじんず)」
「歌舞伎図屏風(かぶきずびょうぶ)」

■ 菱川師宣は元禄文化(げんろくぶんか)を代表する浮世絵師となり、後の化政文化(かせいぶんか)では葛飾北斎歌川広重などの浮世絵師が現れた。

菱川師宣のまとめ
・「浮世絵」を確立させた
・代表作は「見返り美人図」「歌舞伎図屏風」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]