テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「豊臣秀頼(とよとみひでより) 」

豊臣秀頼(とよとみひでより)プロフィール

■ 安土・桃山時代の大名。大阪城で生まれる。

※ 大阪城 : 大阪市中央区にある、豊臣秀吉が建てた城

■ 豊臣秀吉(とよとみひでよし)と淀殿(よどどの)の子である。

■ 秀吉の死後、徳川家康(とくがわいえやす)「関ヶ原の戦い」で勝利して江戸幕府を開くと、豊臣一族の権力は衰えていった

■ しかし秀吉が築いた天下の名城・大阪城、金銀財宝、莫大な遺産を無視することができず、家康は豊臣家を滅ぼそうと考えた。

■ 家康は豊臣家をたびたび挑発し、これにともなって豊臣家は挙兵した。(大阪の陣)

■ 炎上する大阪城の中で、豊臣秀頼は母の淀殿とともに自害し、豊臣家は滅亡した。

※ 秀頼が生き延びて九州に逃げ、そこで息子をもうけたとも言われている。その秀頼の息子が天草四郎時貞(あまくさしろうときさだ)であるという風説が存在する。

豊臣秀頼のまとめ
・秀吉と淀殿の息子
・「大阪の陣」で徳川家康に敗れ、豊臣家は滅亡した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]