テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「 卑弥呼( ひみこ ) 」

卑弥呼(ひみこ)プロフィール

■ 弥生時代に、邪馬台国(やまたいこく)という国に住んでいた。

■ 中国の書物、「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」によると、卑弥呼は鬼道を使用した。

※鬼道・・・・・・・・霊と交信しその意志や意見を聞き取ったりする術

■ 239年 中国の魏(ぎ)に使いを送り新魏倭王(しんぎわおう)の位を与えられた。

■ 邪馬台国(やまたいこく)のライバル、狗奴国(くなこく)との戦いで死亡した。

邪馬台国(やまたいこく)について

■ 弥生時代(やよいじだい)の3世紀に、日本列島に存在したとされる国。

■ 邪馬台国の位置については、近畿説と九州説の2つで論争が続けられている。
   その論争の決着は、まだついていないのです。

卑弥呼のまとめ
・弥生時代、邪馬台国の女王であった。
・魏に使いを送り、親魏倭王の称号を得た。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]