覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1911年 : 関税自主権の回復

1858年の日米修好通商条約をはじめ、日本は様々な国と不平等条約を結ばされました。その不平等条約の内容は次の2点です。

・治外法権(領事裁判権)を認める :日本で外国人が罪を犯しても、日本では裁けない。
・関税自主権がない : 輸入品に自由に税金(関税)をかけることができない。

この2つの不平等条約を解消するための取り組みが行われました。日清戦争が始まる直前の1894年に、当時の外務大臣であった陸奥宗光(むつむねみつ)治外法権の廃止に成功しました。

そして1911年には、当時の外務大臣であった小村寿太郎(こむらじゅたろう)関税自主権の回復に成功しました。

1  91 1

くいい結果!関税自主権を回復した小村寿太郎。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]