覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1871年 : 廃藩置県(はいはんちけん)

1871年に明治政府が、これまでの藩(はん)を廃止して、日本の土地を府や県に統一しました。このことを「廃藩置県(はいはんちけん)」といいます。

1869年に行われた「版籍奉還(はんせきほうかん)」以降も、旧藩主たちは知藩事(ちはんじ)に任命されてからも藩政治を行っていました。つまり、明治維新前と変わらなかったのです。中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)を作るためには、全国から一斉に「藩」を廃止することが必要だと考え、廃藩置県を行いました。

中央集権国家 : 天皇を中心にして、日本の政治を行う国家づくり

   1 8       7 1

嫌(いや)とは言わない、廃藩置県。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]