覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1687年 : 生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)

1687年に5代目将軍である徳川綱吉(とくがわつなよし)が出した、動物愛護の法令がありました。この法令を「生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)」といいます。動物を殺すことを禁止した法令です。

犬や猫、鳥などの動物の殺生(せっしょう)を禁じた法令ですが、徳川綱吉は戌年(いぬどし)生まれなので、犬を特に愛護しました。犬を殺した者を重罪に処しました。このため、徳川綱吉は「犬公方(いぬくぼう)」とよばれて、軽蔑されました。

他に、鳥をとった猫を殺した者、うたた寝中体に駆け上がった鼠(ねずみ)を傷つけた者などが入牢させられ、釣り舟の禁止、蛇使いなど生き物の芸を見せ物にすること、さらには生鳥や亀(かめ)の飼育も禁止されました。綱吉が亡くなると、この法令はすぐに廃止されました。

     1 6 8 7   

犬を拾(ひろわなければ、罰則だ!生類憐みの令。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]