覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1635年 : 参勤交代(さんきんこうたい)

大名(だいみょう)を一定の期間、江戸に住むことを強制する制度を、三代目将軍である徳川家光(とくがわいえみつ)1635年に取り入れた。この制度を「参勤交代(さんきんこうたい)」という。

大名を、江戸と出身地の国を1年交代で住ませませ、そして大名の家族を人質として江戸に住ませるというものであった。
大名が江戸と国元を往復する際に大名行列(だいみょうぎょうれつ)ができた。大名の財産や家系によってパターンは様々で、大名は自分の権威を示すために大名行列のパフォーマンスを派手に演出しようと競い合っていた。
この参勤交代にかかる費用負担はかなり大きく、各大名は財政力が弱められていった

参勤交代の目的
@ 将軍と大名の主従関係を再認識させる
A 大名にかかる負担を重くして、財政力を弱める

   16       3 5   

色(いろ)が見事(みごと)な、大名行列!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]