覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1941年 大西洋憲章

第二次世界大戦が起きてから2年後の1941年に、アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相が会談を行った。その会談後、次の8か条が宣言された。

〔1〕領土の不拡大
〔2〕国民の合意なき領土変更の不承認
〔3〕国民の政体選択の権利の尊重と、奪われた主権の回復
〔4〕通商と原料の均等な開放
〔5〕各国間の経済協力
〔6〕ナチス暴政の打倒と、恐怖と欠乏からの解放
〔7〕海洋航行の自由
〔8〕武力使用の放棄と、恒久的な一般的安全保障体制の確立

この大西洋憲章は翌年に発表される連合国共同宣言にも影響を与えた。

        1  9    4 1
会談に、行(用意()できました。大西洋憲章。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]