覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1688年 : 名誉革命

1642年の清教徒革命を起こしたクロムウェルの死後、チャールズ2世のもとで再び王政が復活した。チャールズ2世の後を継いだジェームズ2世はカトリックであり、プロテスタントの政治家を次々に解雇していった。

※ カトリック : キリスト教の主流。旧教ともいう。
※ プロテスタント : カトリックから分かれたキリスト教の一派。新教ともいう

このためジェームズ2世に対する反感は強まった。1688年にジェームズ2世は追放され、娘のメアリと、夫のウィリアム3世が新王となった。この革命は無血で成功し、名誉革命(めいよかくめい)という。ウィリアム3世は権利章典(けんりしょうてん)を認めた。

権利章典の内容
1.議会の承認なしに国王は法律を廃止してはならない。
2.議会の同意なしに課税することはできない。
3.国王に請願するのは国民の権利である。
4.議員の選挙は自由でなければならない。

清教徒革命と名誉革命を合わせて、イギリス革命という。

1 6   8 8         
ひろくはばかる「名誉革命」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]