覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

607年 : 遣隋使(小野妹子が使者)

中国の制度や文化を学び、対等な外交関係を結ぶこと、そして朝廷が国内での影響力を維持することを目的として、聖徳太子が当時の中国である隋(ずい)に使者を送りました。この使者を遣隋使(けんずいし)といいます。
600年から614年までに4回送られました。607年には、小野妹子(おののいもこ)が派遣されました。そして隋の皇帝である煬帝(ようだい)に国書を手渡しました。

小野妹子とともに南淵請安(みなみぶちのしょうあん)も隋に留学し、帰国後は隋の学問や技術を伝えました。あの中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)中臣鎌足(なかとみのかまたり)は南淵請安の塾で学びました。

           6  0 7  
小野妹子が、 群(れなして渡る遣隋使。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]