覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1965年 : 日韓基本条約

1965年、日本と大韓民国の間で「第二次世界大戦後の国交問題」について条約が結ばれたました。これを日韓基本条約といいます。韓国併合以前に結ばれた条約が無効となることを確認して、日本と韓国の国交は改善していきました。この条約によって国交正常化した結果、日本は韓国に対して多額の経済援助を行うことになりました。

条約が結ばれたとはいえ、これ以前に結ばれた条約や協定に対する「もはや無効であることが確認される」という条文に対して、日韓両国の解釈が異なるなど論議が絶えないという問題もあります。

韓国側は、「過去の条約や協定は、(当時から)既に無効であることが確認される」と言う解釈をしているのに対し、日本側は本条約の締結により「過去の条約や協定は、(現時点から)無効になると確認される」という解釈をしているのです。

 1     9 6    5   

苦労(くろう)、苦労様、日韓基本条約

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]