算数・数学「公式道場」

2けたの自然数を表す

説明問題シリーズの第7回目です。
今回は「2けたの自然数」を文字で表す方法を紹介します。

自然数とは正の整数のことでした。ですから、2けたの自然数とは例えば
37 , 59 , 68 などです。これを文字で表す前に、まず分解して仕組みを考えます。

37 = 30      + 
    = 10 × 3 + 

59 = 50      + 
    = 10 × 5 + 

68 = 60      + 
    = 10 × 6 + 

これらの3つのケースを見ると、2けたの自然数は
「 10 × 十の位の数 」 + 「 一の位の数 」  であることがわかります。
ここで十の位の数を x(エックス) , 一の位の数を y とおいてあげると、
2けたの自然数は 10x +  と表すことができます。

同じように考えると、3けたの自然数は百の位を x , 十の位を y , 一の位を z とおくと
100x + 10y + z となります。

2けたの自然数を表す

十の位を x , 一の位を y とおくと、10x + y と表される

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]