算数・数学「公式道場」

割合

小学5年生で学習する「割合」。小学校の算数の中でも、特に苦手になりやすい代表的な分野です。公式自体はそれほど難しくはありません。これから紹介する内容を理解して、応用問題に取り組んでください。

(考え方)
15は3の何倍なのか? ⇒ 15 ÷ 3 = 5 になるから5倍

今のように、何倍かってことを表したものを割合といって、15をくらべられる量、3をもとにする量という。くらべられる量 ÷ もとにする量 = 割合 の関係になっている

15は3の5倍である。このとき、15をくらべられる量、3をもとにする量、5を割合という

割合の公式

割合 = くらべられる量 ÷ もとにする量

公式自体はシンプルですが、何が「くらべられる量」「もとにする量」におくのかを把握しておくことが大切です。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]