算数・数学「公式道場」

円の面積

小学5年生で学習する「円の面積」。他の公式に比べて段階が多くなっていますが、決して難しいというわけではありません。

(円の紹介)
円の性質

「中心から等しい距離上にある点」の集まりを「円」という

(公式の求め方)

@丸い誕生日ケーキを8人で分け、横一列に並べる 
8等分

A次に、ケーキを16人分に切って、横一列に並べる
16等分

Bもっと細かくすれば、円は長方形に近づいていく 
円を長方形とみなす

C考えやすくするため、円を8等分したもので面積を求めてみる
面積を考える

円を無限に細かく分割

円の面積の公式

こうして「円の面積=半径×半径×3.14」の公式を導くことができます

円の面積 = 半径×半径×3.14

ケーキを切るように分解して、長方形の面積として考える

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]