小学生・中学生によくある勉強の悩みを、代表・立田が解決します。

実力テスト 地理の重要分野

この春休みシーズンに入ると、中学3年生が自然と意識するようになる「実力テスト」。
3/26(土)の講演でもお話ししましたが、6月に行われる第一回実力テストでは「社会」と「数学」に的を絞るとよいです。

中学3年にとって社会は「地理」と「歴史」の2テーマあります。今回は「地理」について。 実力テストを安心して迎えるようにするため、春休み中に復習しておくとよい重要な分野をリストアップします。

・日本の47都道府県、県庁所在地(これは完璧に)
・日本の主な山、川、平野
・4大公害(名前、場所、原因物質)
・漁業のグラフ(沖合漁業、遠洋漁業、沿岸漁業、養殖、輸入の推移)
・地球儀の読み方、時差問題
・地形図の読み方
・アメリカの自然、農業、工業
・ヨーロッパ   〃
・中国      〃
・東南アジア   〃
・世界の気候別雨温図、日本の気候別雨温図
・農産物の生産国グラフ、鉱山資源の生産国グラフ
・日本の貿易

以上の項目を春休み中に復習しておけば、実力テストや私立入試、公立入試にも幅広く対応できる「地理力」がつきます。早め早めの復習を心がけて下さい。後で後でになると、それがどんどん延期して悪影響を及ぼします。 もちろん、インプットした内容を適度にアウトプットすることをお忘れなく!

代表・立田の「眼」

リストに挙げた項目について、スラスラとアウトプットできるほど復習するとよい。 早めの復習が実力テストの鍵を握る。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]