小学生・中学生によくある勉強の悩みを、塾長・立田が解決します。

小学生・中学生の生徒さんや、お母さんの悩み。日々寄せられる勉強の悩みや相談事を、代表・立田が独自の視点で解決していくコーナーです。あなたの悩み解決に、きっと役立ちます。

「図形の面積や角度問題が、苦手なんです。」

今回は、小学生の生徒さんの悩みです。「図形の面積や角度の問題。全然わかりません。 どこから手をつけていったらいいのか困っています。」という内容でした。

ご安心ください。図形問題には、わりと簡単に解けちゃう方法があります。

それは、面倒くさがらずに「自分で図を書いて解く」という基本的なことです。

角度の計算・面積などの図形問題が苦手だという生徒さんほど、自分で図を書いてないんですね。 じ〜っと問題と「にらめっこ」しているだけで、手がまるで動いてないんです。

そうではなくて、ノートに問題の図を書いていくんです。 問題を読みながら「長さ」「角度」といった情報を、自分の図に書き込んでいくわけです。 そうしていると、次々に新しい「長さ」「角度」が埋められていきます。 パズルをしているような感覚で、わかる部分を自分の図にどんどん埋め尽くしていくんです。

そして図が埋め尽くされるころには、「あら不思議。もうすでに答えが出ていました!」という流れです。

小学5年・・・・・「平行と垂直」「いろいろな四角形」「三角形・多角形の角度」「円の面積」

中学1年・・・・・「平面図形」「垂直二等分線・角の二等分線の作図」

中学2年・・・・・「平行線と角度」「合同な図形」「いろいろな四角形(中2ver.)」

中学3年・・・・・「三角形と相似」「三平方の定理」「中点連結定理」「図形の体積」

高校1年・・・・・「三角比」「正弦定理」「余弦定理」「三角形の面積(数T ver.)」

高校2年・・・・・「三角関数」「対数・指数関数」「微分(数U ver.)」「積分 (数U ver.)」

高校3年・・・・・「微分(数V ver.)」「積分 (数V ver.)」

これらの分野を勉強しているときは、必ず図を書いて下さい。 「先生、図を書くのが面倒くさいんですけど。」なんて、絶対にありえません!

代表・立田の「眼」

図形の問題が出てきたら、自分で図を書いてみること。「辺の長さ・角度」でわかる部分を図に埋めていき、パズル感覚で解くのです。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]