小学生・中学生によくある勉強の悩みを、塾長・立田が解決します。

鎌倉時代(前期)のまとめ

1185年に起きた「壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)」で源氏が勝利して、平氏が滅びました。源氏のトップであった源頼朝(みなもとのよりとも)は征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任命され、1192年に神奈川県の鎌倉(かまくら)で幕府(ばくふ)を開きました。ここからが鎌倉時代のスタートです。

これまでの古墳時代・飛鳥時代・奈良時代・平安時代は、天皇が権力をもっていましたが、この鎌倉時代では「武士」が権力を握っていました。今後も続く、武士による政治の始まりなのです。まず源頼朝は全国に守護(しゅご)と地頭(じとう)を配置しました。さらに侍所(さむらいどころ)、問注所(もんちゅうじょ)、政所(まんどころ) を置き、政治に取り組んでいったのです。

守護  : 国ごとの責任者。国内の治安維持が仕事
地頭  : 土地の管理人。年貢(ねんぐ)を集める仕事
侍所  : 全国の御家人(ごけにん)を取り締まるところ
問注所 : 裁判をするところ
政所  : 幕府のお金を管理するところ

鎌倉幕府では、将軍と家来たち「御家人(ごけにん)」は「御恩(ごおん)と奉公(ほうこう)」で結ばれていました。

御恩 : 将軍が御家人たちに領地(土地)を与える
奉公 : 領地をもらう代わりに、御家人たちは将軍のために一生懸命働く

いわゆるギブ&テイク( give and take )というやつです。「将軍が土地をあげるから、御家人たちは頑張って働いてね」ってことです。 こうして源氏による武士政治が完成されたのですが、それも長続きしませんでした。

将軍である源頼朝が死んだ後は同じ源氏が将軍を継ぐのですが、残念なことに暗殺されてしまうのです。さらに、武士による政治を快く思っていなかった後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)は鎌倉幕府を倒そうとしていました。上皇というのは、天皇を引退した人のことです。 次回は上皇による反乱と、鎌倉幕府の新たな権力者登場の話をします。

「キーワード」

鎌倉時代・1192年・源頼朝・征夷大将軍・御家人・守護・地頭
御恩と奉公・後鳥羽上皇

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]