小学生・中学生によくある勉強の悩みを、塾長・立田が解決します。

小学生・中学生の生徒さんや、お母さんの悩み。日々寄せられる勉強の悩みや相談事を、代表・立田が独自の視点で解決していくコーナーです。あなたの悩み解決に、きっと役立ちます。

「姿勢が悪い人は、勉強ができない?」

今回は、勉強中の子供さんの「姿勢」がテーマです。

姿勢が悪く、片手だけで勉強している子供さんは、成績も悪い! これは本当によくあてはまります。

教育研究機関においても、報告例が上がっています。 悪い姿勢とは、例えばこんな感じです。

@右手だけで字を書いて、左手はダランと降ろしたまま
A左腕を机の上に伸ばして、左腕を枕にして頭を乗せて、片手だけで勉強

僕はこんな姿勢をしている生徒さんを見ると、毎回注意して、すぐに修正してもらっています。 姿勢というのは、勉強をする上で重要なファクター(要素)なんです。 「視覚・聴覚・触覚を十分に活用することで、学力がアップする。」と国内外の教育研究機関が発表しています。

もう少し簡単に説明します。「体の使える部分はフル活用すると、学力アップにいいですよ。」ということです。 「手を使う」というのは、「触角」に関係します。 「触覚」をフル活用するというのは、鉛筆を持つ右手だけでなく、「左手も使う」ということですよね。 左手はテキストやノートに添えて置き、右手を補助して使うのが効果的です。

お母さんに、お願いがあります。 子供さんが変な姿勢で勉強をしていたら、注意してあげてください。正しい姿勢を教えてあげてください。 姿勢を注意されたことのある生徒さんへ。本人は、よくおわかりでしょう(笑)。 「無意識」に染み付いた悪習慣を、「意識」しながら良習慣へと変えていってください。

代表・立田の「眼」

勉強しているときの姿勢。あなたの左手、どこにいってますか?
姿勢を正しく・両手を使って勉強するべし!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]