小学生・中学生によくある勉強の悩みを、塾長・立田が解決します。

飛鳥時代のまとめ

古墳時代の次は飛鳥(あすか)時代です。古墳時代の末期と飛鳥時代の初期は重なっており、一般的には6世紀末〜8世紀のはじめが飛鳥時代とされています。

593年に聖徳太子(しょうとくたいし)推古(すいこ)天皇を補佐するために摂政(せっしょう)という役職につきました。摂政とは、天皇が女性や子どもの場合に天皇に代わって政治をする役職です。聖徳太子が行った政治のポイントは次の3つです。
・603年 「冠位十二階」:個人の才能や功績に応じて冠の色を変えてランク付けをした
・604年 「十七条の憲法」:役人の心得を決めた。仲良く、仏教を信じて、天皇に従おう
・607年 「遣隋使の派遣」:当時の中国、隋(ずい)に小野妹子(おののいもこ)を送った

聖徳太子はこれらの政治を行って、天皇を中心とした国家を目指していました。聖徳太子の死後は、蘇我入鹿(そがのいるか)が好き勝手に政治を行い、天皇よりも力をつけるようになりました。これを何とかしようと思ったのが中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)中臣鎌足(なかとみのかまたり)です。645年に蘇我入鹿と彼の息子を倒し、古墳時代から飛鳥時代まで権力のあった蘇我氏が滅亡させたのです。そして新たな改革をスタートさせていきました。これを「大化の改新(たいかのかいしん)」といいます。

「大化の改新」の内容
・「公地公民(こうちこうみん)」:土地はすべて国のもの
・「班田収受法(はんでんしゅうじゅのほう)」:国民に田んぼを与えて、米を納めさせる
・「租庸調(そようちょう)の制度」:米、布、特産物を税金として納めさせる

歴史年号の覚え方 〜ゴロ合わせ〜
・コックさん 593  聖徳太子が摂政に       : 聖徳太子が摂政となる
・群れ見(むれみ)603 る冠位十二階の制度     : 冠位十二階の制
・十七条憲法に、群れ寄(むれよ)604 る役人たち  : 十七条憲法の制定
・小野妹子が、群れな(むれな)607 して行く遣隋使 : 遣隋使の派遣
・蒸しご(むしご)645 飯を作って祝う大化の改新  : 大化の改新

飛鳥時代の「キーワード」

飛鳥時代・聖徳太子・冠位十二階・十七条の憲法・遣隋使・小野妹子・中大兄皇子・中臣鎌足・大化の改新

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]