小学生・中学生によくある勉強の悩みを、塾長・立田が解決します。

小学生・中学生の生徒さんや、お母さんの悩み。日々寄せられる勉強の悩みや相談事を、代表・立田が独自の視点で解決していくコーナーです。あなたの悩み解決に、きっと役立ちます。

己の弱点を知る

数学のテストでいい点数をとるために計算問題の間違いをなくすことが不可欠で、
@計算スピードが遅い A途中式を間違う B同じタイプのミスを繰り返す が三大悪であると説明しました。

このうち@とAは前回で話ましたので、今回は「B同じタイプのミスを繰り返す」について詳しく説明します。数学に限らず、勉強をする上で「ミスするポイント」というのは人それぞれに個人差があります。例えば数学の分配法則であったり、方程式のかけ算であったり。具体的に式で説明します。

式

上で例に挙げた計算ミスは、学校や塾で勉強しているときに少なくとも一度は経験したことがあるでしょう。一度だけであれば問題ないのですが。自分のノートやテスト答案を見直して下さい。面白いくらいに、「同じようなタイプ」で何問も間違えていることに気がつくでしょう。

そうです。人間は不思議と同じミスを繰り返すものなのです。まずはこれを頭にしっかり入れておいて下さい。さもないと、この種のミスが減ることはありません。ミスを防ぐためには、 自分がどんな問題でミスしやすいのか、「己を知る」ことから始まります。 「どのパターンでミスしやすいのか」を自分でしっかり認識できたら、同じパターンの問題だけを選んで集中的に解いていきます。ちゃんと正解できるようになるまで、繰り返すのです。

ここまでして初めて、テスト本番でも「あっ、あのパターンの問題だ!」と気づくことができるのです。こうなれば、計算ミスの数もずいぶんと減ってきます。 普段の勉強で自分のミスパターンを発見し、それを克服できるまで繰り返す これが計算ミスを防ぐ一番の近道です。

代表・立田の「眼」

己の弱点を知り、克服できるまで繰り返す。 そうしてミスを1つ1つ減らしていくのです。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]